費用の問題について

お金慰謝料問題に関してオールマイティーな対応をしてくれる弁護士ですが、司法書士や行政書士と比べると費用が多くかかってしまうという声も聞かれます。慰謝料の合意書を作成する場合、およそ5万円から10万円ほどの費用がかかります。さらに裁判や調停を行うとなると費用がさらにかかってしまいます。裁判の費用は慰謝料の請求額によって異なります。例えば、慰謝料を200万円で請求し勝訴した場合、その費用はおよそ40万円から60万円ほどかかってしまうそうです。

しかし、弁護士に一度慰謝料問題を依頼してしまえば、全ての法律業務を任せることが出来ます。この結果、他の業種に相談して、解決出来なかったから別の業種へ相談するなどといった無駄な手間が省けますし、余計な費用を持ち出す心配も無くなるのです。また、慰謝料問題と同時に裁判についても視野に入れて相手と交渉することが可能になるため、相手の出方を窺って時間だけが過ぎてしまうという事態も防ぐことができます。

弁護士に慰謝料問題を任せると費用が多少高くなる傾向にありますが、法律全般を承っているため様々な問題に対応しています。日頃から慰謝料問題を取り扱っていることもあって交渉に長けている場合も多いようです。